傷の治りが早い 出血しない コードレス半導体レーザー治療

コードレスの半導体レーザーメスと言いまして、
これ小さいのですけど、けっこう高価な物です。

傷の治りが早い 出血しない 半導体レーザーで歯の治療 池袋 歯科
これは歯茎だけ、軟組織だけを
切る事ができる半導体レーザーです。
歯茎を焦がすようなイメージです。

半導体レーザーの1番目のメリットは出血をさせない事です

歯茎をこれまでは電気メスで切ったりすると、
出血がどうしもありますので、
詰め物をするときに出血している状態で
濡れている状態では物は付きません。

それが、出血がしないので
詰め物をする時でも、乾燥した状態で
出血をコントロールした状態で
治療ができるのは最大のメリットです。

使う用途としましては、
樹脂の詰め物を詰めるときや、
型取りをするときに、
歯茎が少し盛り上がっていたりすれば
半導体レーザーで取って、型取りをしたりします。

半導体レーザーの2番目のメリットは傷の治りが早い事です

半導体レーザーでの歯の治療は
傷の治りがすごい早いです。
だいたい1日か、2日ぐらいで傷が治ります。

電気メスやメスを使ったときはだいたい
1週間など長い間痛みがある事がありますが、
半導体レーザーを使った治療は
ほとんど痛みが長い間続くことはありません。

歯や骨には影響ないのでしょうか?

半導体レーザーは硬組織にはまったく反応しないので
歯や骨にはまったく影響を与えないレーザーです。
軟組織の歯茎だけに反応するレーザーです。

この半導体レーザーを歯にあてても歯は削れないし、
骨も削れないし、影響はないと言われています。

通常のメスは使われないのでしょうか?

今でも大きな物に関しては通常のメスや電気メスを使います。
半導体レーザーは小さな物、極所的な治療に限って使います。

メスを使う必要があるときはメスや電気メスを使います。
少し歯茎が盛り上がったときに、
この半導体レーザーを使うか電気メスを使うか判断します。

ご予約・お問い合わせはこちら