無痛治療 痛くない歯の治療へのこだわり

しっかり麻酔をする事です。
痛くなく麻酔をする事を心がけています。

基本的には痛くなく麻酔ができて、
麻酔がしっかり効いていれば痛くない状態で歯の治療ができます。

今は麻酔の打ち方によってもかなり痛さが違いますので、
表面麻酔でも、すごい強力な表面麻酔でまったく痛みを感じないように
麻酔をうてたりします。

痛くなく麻酔をうって、
痛くなく治療を進めていくことに気をつけています。

あとは、一度痛みを感じてしまうと神経過敏になって
そのあと麻酔が効きにくくなるので、
痛いまま治療を進める事はしないようにしています。

痛くない麻酔注射の理由

麻酔注射を打つ時に、
このペンを麻酔注射の針としまして、
針をこのまま「ぐーっと」押していくと
この紙を歯茎としまして、
注射針を押していくと痛いのですね。

逆に針を置いたまま、歯茎の粘膜の方を動かすと
抵抗力の問題で、痛くなく、注射針を刺したのを
わからないように麻酔注射が打てます。

あとは、麻酔が痛い時は、
注射針を刺すときと、麻酔の液を入れるときです。

麻酔の液を痛みを感じないぐらい、ゆっくりと入れます。
ある程度、麻酔が効いたらあとは
普通に入れていっても痛くありません。

そのように麻酔は気をつけてやっています。

もちろん細い針を使ったほうが痛くないので、
なるべく細い針を使って治療をするようにしています。

ご予約・お問い合わせはこちら