視野8倍で丁寧な歯の治療を心がけています

拡大鏡を使った拡大視野の治療について

自分の眼でみると、これくらいの物が
拡大鏡でみると5倍から8倍程度の拡大視野でみれます。

だいたい5倍ぐらいだと思います。
メーカーの方では8倍ということで売られています。

拡大鏡を使った拡大視野の治療について
とにかく歯をかなり大きく見て治療をする事ができます。

ちいさく見て歯を削るよりはですね、
やはり大きく見て歯を削ったほうが、
精度も高くて虫歯を取り残しが少ないです。

マイクロスコープも使っているのですが、
100%全ての治療でマイクロスコープを使って治療するのは、
時間的にも、技術的にも難しいので

重要なポイントはマイクロスコープで治療して、
他の治療は全てこのような拡大鏡でみて治療しています。

拡大鏡にはライトも付いています。
ライトをつけるとより細かい所まで見えるようになります。

虫歯のチェックや、歯茎の状態、歯周病の状態もチェックも
拡大鏡でみるとより細かく見れます。

ほとんどの治療で拡大鏡か
マイクロスコープを使うようにしています。

ご予約・お問い合わせはこちら