シルバー ゴールド セラミックインレーの違いについて

インレーとは部分的な金属、部分的な詰めものの事です。

治療には基本的にお口の中で作る直接法と、
型取りをしてお口の外で作って、
お口の中に入れる間接法の2種類があります。

インレーというのは間接法で型取りをして
後日患者様のお口の中に入れる方法になっております。

基本的には部分的な金属になっておりますので
削る量はあまり多くないです。

クラウンというものは歯の全体を
削って被せる形になっております。

インレーの種類について

インレーの種類は金属のものとセラミックの2種類があります。
白いものと金属のものがあります。

・シルバーインレー(金 銀 パラジウム合金)

シルバーインレー
保険治療のものはこのように銀色の、
金 銀 パラジウムという材料です。
いろいろな金属を混ぜ合わせて作っています。
基本的には保険のなかで決まっている材料を使っています。

・ゴールドインレー

ゴールドインレー
保険外の金属もありまして、
こういうゴールド(金)の成分が多いものがあります。

このメリットしましては、やはり金属が柔らかいので
葉と金属との間の隙間がすごく出来づらいです。

隙間が出来づらいということは
その後に虫歯にもなりにくいし、
噛み合わせにも優しいです。
すごいメリットがあると思います。

セラミックインレー

セラミックインレー
もう一つはセラミックのものです。
もちろんセラミックのものも
きちっとした上手い技工士に頼んでますので
隙間はすごく少ないです。
プラス綺麗です。

金属に比べると割れやすい可能性があるというデメリットがありますが、
噛み合わせだったり、隙間なく精密に作られていれば
施術後のトラブルも少なく出来ると思います。

ご予約・お問い合わせはこちら